お祝いギフトで、出産内祝いというものがありますが、これはもともと内輪でのお祝いを指していたそうです。

喜びを伝える 出産内祝いのお祝いギフト

喜びを伝える 出産内祝いのお祝いギフト

お祝いギフトの出産内祝いの成り立ち

大人になると、お祝いギフトをあれこれと贈ることが増えてきます。結婚のお祝いや、出産内祝いなどもその一つです。そもそも内祝いというのは、赤ちゃんが生まれたときに、近所や親戚にささやかなお祝いを配ったのが始まりだそうです。自分の身内や親しい人の中で、内々に行うことから、内祝いという名前がついているのです。わたしの知り合いで、少し田舎のほうに住んでいる人は、まだこの風習があるのだそうです。赤ちゃんが生まれると、内祝いとしてお赤飯を炊き、近所の人や親戚の人に大勢配るのだそうです。あたたかくて良い風習だなとは思うのですが、核家族の場合にはなかなか難しいこともあるかもしれません。

そういう事情もあってか、最近の内祝いは、実質出産祝いのお返しとなっているようです。正式な時期としては、お宮参りをする生後一ヶ月くらいだそうで、それまでにお祝いをいただいた方には、この頃お返しをします。あとになってお祝いを下さる方もいるので、そういう場合はその都度お返しをするというのが一般的だそうです。紅白ののしをつけ、子どもの名前を書いて贈りましょう。名前を覚えてもらうという意味もありますから、読みにくい名前の場合にはふりがなを振って、この機会に覚えてもらいましょう。命名札という風習が残っている地域もあるそうですから、年長の方に聞いて、それに従うと良いと思います。お返しがたいへんにならないように、ギフトを安くまとめ買いできる通販ショップなどを利用するのも手です。
関連キーワード

Copyright (C)2018喜びを伝える 出産内祝いのお祝いギフト.All rights reserved.